FC2ブログ

logs

不健康な健康診断

 既に胃は空っぽのからから状態である。気を紛らわすためのタバコも吸えない状態である。そして健康診断。女子グループは朝一である。つまりそれほど早くこの飢餓状態から抜け出せるのである。さぁ早く健康を診断しちゃってくれたまえ。

 身長・体重・血圧・視力検査、心電図・問診と進み、血液検査。

 大人なのでそれなりに色々経験があり、もちろん採血も何度か体験している。ちょっと太目の針をプチッと刺しきゅっと血管に刺し込み採血するのである。

 もちろん大人なので「注射いや!怖い!」なんてことはなく、すっと腕を差し出す。ぎゅっと親指を握り締める。

 プチッ ぐぐぐぐ

 む?ぐぐぐぐ?

 そう、プチッと針が刺された後に「ぐぐぐぐ」と針が押し込まれたのである。なんか奥まで入りすぎじゃないか。こんな感触初めてだぞ。

 力を抜いた後で「痺れたり痛いところはありませんか」と聞かれたので正直に「なんか血管のここから親指の付け根まで痛いです」と言う。

「エ?痛い?あら?おかしいわねいつも通りにやってるのに。痛いですか?」

 この最後の「痛いですか?」は明らかに「本当に痛い?そんなはずないでしょ?」のニュアンスが含まれている。

 痛いものは痛いのである。針の刺さっている辺りを見ると明らかに針の進入部が長い。鈍痛がある。そういうと、少し考えながらちょっと思い当たることがあったらしく「あらやだゴメンナサイ大丈夫かしら」とおっしゃる。

 大丈夫じゃないが、まぁ激痛と言うほどもないので致し方なく、やや重くなった腕を下げてレントゲン車に向かう。次はバリウムである。

 バリウムはご存知の方も多いであろうが、「味をつけて飲み物のように誤魔化したセメント」状のものである。飲みにくい。何せセメントだし。もちろん大人のわたしはぐっと飲んだし、ほとんどの人は「飲みづらい」と思いながらも我慢して飲むのである。ところが、同じく大人のはずのT女史は途中で「飲めません」と係の人に言って「全部飲んでください」と無理繰り飲まされたことを付け加えておこう。

 このバリウム、ほっとくと体内で固まっちゃってどえらい便Pになる。なので、バリウムを飲んだ後は下剤を飲まねばならない。「大目の水、コップ2,3杯で飲んでください」と言われて飲んだこの下剤、こいつが私のその日の午後を地獄の底に叩き込むことになるであろうとは、このときは知る由もなかった。

 からからの胃をバリウムで満腹にすると言う不快感、不愉快な満腹状態で昼食を採った後、そう1時半頃であったか、下腹部に痛みが起こり始めた。

 それから4時頃まで30分おきにトイレである。顔面蒼白である。貧血まで起こす。「ダメだ」と一言言って席を立ちトイレ。「また痛い」といってはトイレ。「もうイヤだ」と嘆きながらトイレ。半泣きである。

 事業部内でバリウムを飲んだ「それ相応の年齢の人」はもちろん私一人ではない。なのに頻繁にトイレに立っているのはどうやら私だけのようだ。

 お腹痛くないですか?

「1回トイレに行ったらすっきり」

 と、皆さん答える。つまりは私だけなのである。下剤効きすぎちゃったのか。辛すぎる。しかも金曜日。ほかの曜日に比べ金曜日は電話が多い。尚且つ通常の金曜日より更にその日は電話が多い。辛い。辛すぎる。たまった仕事も集中力に欠けなかなか進まないだけでなく、トイレにこもる延べ時間も長く余計に仕事が進まない。かといってトイレに行かないとどうなるかと言うと、それはもう口に出せないほど悲惨な結果が待っている。と言うか、普通にお腹痛いし。

 「今日のcyaimiさんはキャラが違う」とT女史に言われるほどにげっそりしながら、既に採血で重くなった腕のことも忘れ進まない仕事を何とか1時間の残業で片付け、貧血を抱えたまま帰路に着いたのであった。

 健康診断がこんなに辛いとは思わなんだ。
スポンサーサイト



乱暴大雑把なHTML講座--タグるタグればタグる時

#根本は「乱暴に判り易くHTML解説」です。生真面目じゃありません。
#生真面目じゃないけど真面目です。「それ違ってるよ!」なんてツッコミ歓迎。
#おサポ内検索HTML講座


 例えば新聞などには「大見出し」があり「小見出し」があって記事本文には「段落」がある。本にも「章」があり「見出し」があってやっぱり「段落」がある。これはその文書の内容を判り易くする要素であり、HTMLはこの要素を「タグ」で示す方法である。*1
※参照:文書の骨格となる基本要素The Web KANZAKI

 <html>とか<body>とかもタグである。タグにも勿論守らなければならないお約束がある。

 =お約束その2=
 タグは閉じなければならない。

<h1>おサポ上手</h1>
<p>今日もおサポに励む一日。</p>


 上記にように <○○>で始まったら必ず</○○>で閉じなければならない。ここで終了~と終わってあげねばならないのである。

 骨まで愛してのHTMLの骨組みを見ても判るように、始まったタグは必ず閉じられている。始まったのに終わらないととても困るのである。何故困るかと言うと、しっかり終わっとかないとずるずると先に未練を引きずってしまうのである。ずるずると未練を引きずっていると未来に影響を及ぼすのはいうまでもなく、過去とはきっぱり決別する必要があるのだ。

 例えば<h1>と言うのは「見出し1」と言う意味なのであるが、これが閉じられていないと、次に続く段落「今日もおサポに励む一日」も全て見出しとして表示されてしまうのである。見出しっぱなしである。もちろん見出しっぱなしも困り者であるが、タグを閉じ忘れると表示自体ががたがたに崩れたり、本文が表示されなくなることもあるのだ。*2



 =お約束その3=
 タグの入れ子は清く順序正しく。

<a href="~~"><strong>リンクしちゃうよ</strong></a>  ○
<a href="~~"><strong>リンクしちゃうよ</a></strong>  ×

 タグは「始まったら閉じなければならない」のであるから、始まりと終了でワンセットと考えた方が良い。ワンセットなのでセット内容が他と入り組んではならないのである。入り組んで組んず解れずになると、もうややこしくてどうにもこうにもなのである。

 *1 「タグ」と言う目印(マークアップ)を読み込み、ブラウザはHTMLを表示させている。そう、HTMLとは「HyperText Markup Language」の略なのである。「目印のある超テキストな言語」はあまりにも直訳しすぎだが、まぁそんな感じだ。<どんな感じよ

 *2 その要素によっては閉じられていなくても、ブラウザが「ここで終わりね?」と勝手に解釈してくれるものもある。<p>なんかそう。でも、「タグは閉じるべきもの」をきちんと覚えておかなくてはならない。tableタグなんて閉じ忘れちゃうとIEでは勝手に終わらせてくれるが(昔の)Netscapeなんてtableの中身を全く表示してくれない。(体験あり)
 また、タグによっては初めから終了タグの存在しないものもある。孤独に生きているのである。
例) <br> (改行)、<hr> (水平線)、 <img ~~> (画像表示) など。

※このブログで投稿しているのはHTMLの基礎知識です。ブログカスタマイズに関しては、【私家版・はじめてのFC2ブログカスタマイズ】 sugar pot)などを参照するのがいいです。

性格ですから

 「まぁまぁ漢字は読めるぜ」と言う人は何故読めない漢字を突きつけられるとあんなにも悔しがるのでしょう。

 それは負けず嫌いだからです。<私だけか

 

 と言うことで、「読めない漢字を突きつけられて微妙に悔しい思い」を引き摺りながら日々過ごすにも疲れたので、反撃です。

 もちろん他力本願で。

?この漢字なんて読む?・鉋・蒲公英

 【正解は?】を押さずに読めると、ちょっと気分いい。

HTML講座--番外

 こんな片隅でチマチマやっているブログでも、他人様の役に立つことはあるらしい。

よって HTML 文書を作成するということは、「HTMLの骨組み」の間をテキストで埋めていくことではなく、HTML を使ってテキスト文書に目印をつけることにより文書の構造を示すということなのです。

(X)HTML は難しい?Primary Planet


 素晴らしい。まさにその通りである。「私初心者だけど、頑張って一からホームページ作るわよ!」と思って勉強している方が、運悪く私の記事にたどり着いてしまったら、上記の記事を参考に、よりためになるより参考になるサイトを改めて探して欲しい。

 じゃぁ「よし、初心者に向けてもっと判り易くHTML講座を書き直すぞ!」と決意を新たにするかと言えばそんなこともなく、元来が「初心者のためのホームページ作成講座」のために記事を書き始めたわけではないので、この乱暴大雑把なHTML講座は過去記事含めて今後も同じ方針の元書き続けていくだけである。

 とりあえず当初の目的だった「タグはわかる。こう書けばこう表示されるんでしょ。でも意味はわからない」と言う人には、「よく理解できた」と言う感想もいただけたので、この調子で「ホームページ作成のためにはならないかもしれないけどソースを読む手助けにはなるかもしれないHTML講座」で続行である。
参照:HTML講座--前置き


 と言うわけで、ある程度まとまったので「業務連絡」から「HTML講座」とカテゴリを独立させた訳だが、元通り「業務連絡」に戻しておく。万が一「HTML講座のカテゴリ」でリンクしてしまった人がいたら、検索結果「HTML講座」でリンクを直していただきたい。

 #しばらくしたらカテゴリ自体消します。空っぽになったので。

カレンダー

 ふと、このブログの横っちょについてるカレンダーに注目してみた。

 以前、メニュー欄が長くならないように横に一直線に表示されるカレンダーにしようかと思ったことがあったが、そう思った時に「カレンダー見てると○曜日には毎週更新してるね」「○曜日はほとんど更新しないね」と言われ、ああ、なるほどそんな見方(使い方)もあるかと結局そのまま。

 とりあえず7月は始まってまだ半ばにも達していないが、スカスカ更新状態。あーすかすかだー(棒読み)。

 じゃ、ついでに6月も見てみるか。あー平均してスカスカだー(棒読み)。

 5月はっと。をー斑があってスカスカだー(棒読み)。

 4月は更に斑があってスカスカだー(棒読み)。

 をを3月は一番更新回数多いぞ。でもやっぱり斑があってすかすかー(棒読み)。

 

 結論。どこを見てもスカスカな更新状態だった。

 まぁこんなもんかな(窓の外を見ながら)。

だれお

 気分がどんよりしたので、以前から「けっ」とか思って見向きもしなかったBlogPetを設置してみた。だれ具合が素敵だったので「だれお」(ひねりなし)。

 記事を投稿すればその分言葉を覚えるらしい(詳細不明)。

 何やら勝手に記事を投稿する時もあるらしい(詳細不明)。

 気分がどんよりしてるわりには「見て見て!」気分で目立つところに貼ってみた。そのためにわざわざメニュー全部折りたたんでみた。どんよりしているわりにはマメだ。javascript がOFFだと見れない(らしい)。



 私信:お気遣いありがとうございました。実はコメント欄は爆弾抱え込んでる感じです。カスタマイズ中、最後の難関がそこでした。WinXPの環境(FFも)では再現できなかったので、一先ず右に margin 取ってみました。

 WinIE系では入力フォームも実はあわわな状態なのはすっかり放置気味ですが秘密です。ばれるとかっこ悪いので黙っていましたが、実は「rows="5"」だったりします。気が向くと弄ってますが直りません。くすんくすん。他所様の崩れなおしてる場合じゃありません。しくしく。

自分不信

 私という人間は、あまり自分を信用していません。自分を信用できないので、それに対する対策を色々練っています。記憶力はそれほど悪いわけではありませんが、その記憶力を頼りにすることが一番危険なのです。ですから、「しなければならないこと」などがあれば、きちんとメモにして目の届くところにいつも表示させるようにしています。

 そうしていれば「ああ、そうだ。うっかり忘れていた」と言うことがずいぶんと減るのです。そうして今まで生きてきたのです。自分を信用できないからです。



isao氏:「cyaimiさん、ずいぶん前に出した改善提案、アレって表彰された?」

 ああ、5月の時には「提出が少し遅れたからかな」と思って、でも6月に表彰されなかった時には「何か不備があったかな…」と思い、一度聞いてみなくてはと思ってはいましたが。

T女史:「あれ、表彰されてたじゃない」

 へ?

T女史:「その後に、書類どこにファイリングすればいいか私に聞いたよ?」

 はい?

A女史:「うん。確か表彰されたの見た覚えあるけど」

 うっそぉーん

T女史:「ほんとだって。本当に覚えてないの?」



 「表彰」です。皆様の前に出て「表彰」されるのです。T女史に言われただけなら、別のことと勘違いしたのではないかと思われるのですが、A女史まで私が表彰される姿を覚えていると言うのです。

 私は自分を信用していない人間ですが、それでも全社員の前に歩み出て社長から表彰されると言うようなことまで覚えていられない人間だったのでしょうか。T女史A女史二人に「覚えてるよ」と言われているのに、私には全く記憶がないのです。歩み出た場面も、社長と面と向かったことも、改善提案を手に階段を降りたこと、それをどこに仕舞うかわからずT女史に聞いたこと、ファイリングしたことすら覚えていないのです。断片でさえうっすらとも思い出せないのです。



T女史:「T青年も覚えてるって言うし」



 それは当てにならないので別段気にしませんが、ともかく全く記憶にないのです。いくら自分を信用できないと言っても、まさかこれほど信用できない人間だとは正直思っておりませんでした。自分の動いたこと自体を覚えていないのです。私という人間はどこまで信用ならないのでしょうか。

 それでも「私が教えた」というT女史の言うとおり、ちゃんと書類はファイリングされているのです。自分でファイリングした覚えのないファイルが、ちゃんとそこに自分によってファイリングされているのです。なんということでしょうか。こんなことでまともな社会生活が送れるとはとても思えません。



isao氏:「一緒にファイリングされてるN君は表彰された?」

Nさん:「まだです」

isao氏:「Kさんは?」

Kさん:「僕もまだです」

isao氏:「手続きの行き違いで、まだ処理終わってなかったんだ。ファイリングはT女史がやったんだと思うよ。cyaimiさん、大丈夫。まだ表彰されてないから。ボケてたわけじゃないから」



 自分不信寸前。「ボケ」ですまないほど重症かと。

 「私が表彰された場面」を目撃した3人、君たちの見たものは一体

だれおの評判

 娘にだれおを見せてみた。

「なにこれ」

 こパンダのだれおである。

「小さくないし!って言うかパンダじゃないし!」



 職場でも宣伝してみた。BlogPetつけてみたから、お昼休みに見てね!

ちちゃとママ「いやーん、かわいいぃ。…うふふ…ふふふ」(クリックしているらしい)

T女史「なにこれ」

 小パンダのだれお。クリックしてみて。

T女史「いやいやいやいや。なんかこれ怖い」(迫るだれおが怖いらしい)

A女史「と言うか、これ、パンダの顔してないですよね」

 大丈夫です。歩く姿もパンダじゃありません。

T女史「仁王立ちで迫ってくるよ」



 概ね好評のようだ。

M青年語録

 会話はキャッチボールである。会話を楽しむには相手が取り易いようにボールを投げ、それを受け取りまた投げ返すのである。

 たまに取りにくいところに投げるのは、それはそれで程よいエッセンスとなる。しかし取れないように遠くに投げてしまっては、キャッチボールは続かない上に、取れなかった受け手は遠くまでボールを拾いにいかなければならない。



M青年:「アレだよね、T君って段々変わってきたよね」

T青年:「そうですか?」

T女史:「うん。どんどん壊れてきてる感じ」

T青年:「どういうことっすか」

 上っ面の皮が一枚一枚はがされてきて、本体が出てきたって感じ?

M青年:「あはは。そんな感じ」

M青年:「T女史も変わってきましたよね」

T女史:「ええー」

M青年:「どんどん怖くなってくる感じ」

 あはは

M青年:「アレですよね、cyaimiさんは」

 私?

M青年:「最初から今まで全然変わらないですよね」



 いきなりトボトボとゴロが投げられた。

 と、取れない…。

だれおの評判 (BlogPet)

cyaimiの、宣伝したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だれお」が書きました。

こんな気分の日には

 誰かを思いっきり苛めたくなる。

 そう、それは八つ当たり。

寝る前の一言

 スマスマも終わり、風邪気味の身体を休ませる前にだれおを一突き。
気の利いた台詞で私を励ましておくれよ、だれお。

 

 「ボケ?」



 脱力。

もう一人私

 ようやく仕事に慣れ始めた頃のことである。

「cyaimiさんが入ってくれて、ホント助かりましたよ」

 はい?

「イヤ、即戦力だったし、仕事慣れるのも早かったし」

 いやいやいや。だって私まだいろんな人に質問しまくって、むしろみんなの邪魔してるんじゃないかと気が気じゃなくて

「そんなことないですよ。ほんとに助かってますもん」

「ホント、助かってる助かってる」



 褒めてもらえるのは嬉しいと言えば嬉しいのだが、当時はまだ「戦力」になっているとは自分で思えず、やたらにいろんな人を質問攻めにして邪魔ばかりしていたのである。しかも「こりゃダメだ、手に負えない」と思えばさりげなく周囲に振ってみたりするようなセコイ真似もしくさっていたのである。褒められて申し訳ない。と言うか、何故そんなに褒める。



「でも、もう一人サポーター入らないと、きついっすよねー」

 ですねぇ

「cyaimiさん、誰か知ってる人でパソコンのスキルがそれ相応にある人、誰かいませんか?いたらここを紹介してくださいよ」

 あー。後輩が仕事してるんですが、ほかの仕事に移りたいって言ってたっけ

「パソコンのスキルは?」

 web関係はダメだけど、前の仕事で自力でエクセル使えるようになったって言ってました。

「をを!いいですねぇ。その人に勧めてみてくださいよ!」

 あー、ただちょっと一つ気になるのは

「なんです?」

 性格が私に似てる

「いやcyaimiさん二人は要らないです」



 何故うんざり顔!さっきの褒め倒しは!

こんな気分の日には (BlogPet)

当たりだれおは、八つをBLOGしなかった?
誰かを思いっきり苛めたくなる
そう、それは八つ当たり
と、cyaimiが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だれお」が書きました。

今日の一言

 アロハの何が悪いんだ!!




 以上。

夏休みの宿題

 実務マニュアル作成とかそう言うことではなくって。

 

 夏休みである。健全なお子様は健全に夏休み突入したのである。勿論それには「夏休みの宿題」と言う素敵なおまけ付きなのである。



「どうしよう。宿題に「郷土料理を一品」って言うのがある」

 ぁあ?

「郷土料理の作り方が宿題なの」

 きょ、郷土料理…

「なんかある?」

 さぁ、ここ(埼玉)では聞いたことないが…。

「別に自分の住んでる場所じゃなくってもいいんだって」

 を、それならおばちゃんに聞けばいいじゃないか。

「あ!そうだね!ゴーヤチャンプルあったね!」



 鹿児島の親戚の家に夏休みを利用して行った時のことである。「比較的苦味の少ないゴーヤでチャンプル作ってみたけど」と夕食に上ってきた。うわぁ。ゴーヤって初めて食べるんですよ。どんなかなぁ。



 に、にがっ

「ええー、美味しいよぉ」

 に、苦いよ。君ら平気なのか

「うん、美味しい」



 娘たちは平気らしい。



「これなんかどう?ゴーヤを塩もみして醤油と鰹節」

 に、にがっ

「ええー、ママダメなの?こんなに美味しいのに」

「じゃ、帰るときにまたゴーヤ買って来てあげようか。お土産に」

 いや、いいです。遠慮し

「うんうん!たくさんね!」



 墓穴を掘ったようである。作れるかもしれないが食べられない。いや、何もゴーヤチャンプルじゃなくったっていいじゃないか。ほかにもきっと「郷土料理っぽいもの」知ってると思うよ?



「じゃぁさ、おばちゃんに作り方聞いて、教えてよ」

 無理である。味見ができない

「夏休みの宿題なのに!」

 正直すまん。無理だ



 と、このようにゴーヤは苦手なのでいりませんから!

url花

 urlでお花咲かせましょう。てな感じでしょうか。Organic HTML。urlを入れるとそのページの花を咲かせてくれる。飄々としていそうで実は流行物好きなので、即咲かせてみた。

おサポ花 地味!果てしなく地味!

 ついでなので「リアルの知人には教えません」自サイトもやってみた。

サイト花 地味通り越してる!と言うか花じゃないだろ!


 いやでもアレだ。

ここで何を基準に咲き方が違うかという事をもう一度言っておきますが、OrganicHTML解説ページ(英語)を見ると基本的にテキストの量、FLASHの有無や音楽、画像、他サイトへのリンク数、そしてスクリプトが関係していると書いています。他にもいろいろ書かれており少し謎が多いのが現状です。

FC2ブログに「満開」はない?? FC2tyle -Fc2ブログstyle -


 
 更に、CSSなどできちんと定義づけを行っていると、やっぱり地味らしい。
(HTMLに「色がない」って事なのかなぁ)そういえば、このblogの花とサイトの花とやけに似てるよなぁと思ったら、自サイトトップページが一度表示崩れ起こしたときに、「面倒くさい」と思ってこのソースの基盤を持っていってざっくり作り直したんだった。自サイトはスクリプトもなくリンク数も少ない、文字通り地味な場所だしなぁ。

 つまり、私が地味とか目が細いとか顔も地味よねとか派手なのはシャツ(アロハ)だけとかそう言ったことではないようなので、一安心である。安心なのか。

ブログの話題

 こういうことは十分に予想できたわけだが、身近に(日常的に)接する人たちに公表してネットで文章を書いていると、自分の書いている内容に関して話題になったりする。もしくはブログそのものが。

 じゃぁ誰が社内で読んでいるかといえば、実はそれほど私自身が把握できていないわけである。何せ社内である。アクセス解析つけていたってipはみな同じなのである。しかも私自身はほとんど社内からアクセスしない。勿論「ヲイヲイ、私が講師真っ最中に誰か講習会場からアクセスしてやがるよ!」なんてことは判るのであるが。このブログ以前からチマチマやっているサイトでの経験上「誰もが毎日読んでいるわけではない」と思っている。たぶんそれが正解なのである。



「じゃぁさ、どっから『浮気』になる?」

 (これまた「男の子っぽい」というかなんと言うか、ありがちな質問が)
 逆に『どっから浮気』だと決めますか?



 という話題である。場所は居酒屋。



「○○たら浮気!」



 「出た!単純!男の子発想!それは大人の意見としてどうよ!」なんてことは勿論大人の女であるところの私は言わずに「ほぅ。そうですか。そう来ますか」などとやり過ごす。「いやいや、深さですよしゃちょー」なんてことも勿論おくびに出さない。ああ、私ったら大人過ぎ。



「そういえばさ、こういう話題ってブログに書かないよね?」

 あそこではお下品な話題やシモ関係の話題は出しません。

「なんで?」



 例えばである。ずばずばシモな話や大人の話をここで書くとする。日常的に接しているチーム内の方々がふとした弾みで(しかも日を置いて)唐突にそんな話題を出しやがったら、そこはそれ、いくら大人の私でも赤面ものなのである。

 しかも、そう多くはないが日常的に会わなくとも時々顔を合わせる方々も読んでいたりするわけで、会わない間に私というイメージが「そりゃ違う!誤解だ!」といった風に膨らんでいかないとも限らない。ただでさえ「無口で控え目」といった本来の私のイメージが捻じ曲がっていたりする方々にとっては尚更なのである。

 おまけに、今までは顔を合わせたことがないけれど、これから顔を合わせるかもしれない方々もちょっとは読んでいるかもしれない(いなそうなんだが)。そんな方々が「cyaimiさんってこんな人...o○(妄想)」なんてことになって、しかも会った途端に「○○が××で△△何ですか?」なんて口に出すのもこっぱずかしいことを言われた日には!



 明らかに私が寝てるとか外出中の時に自宅から時々あるアクセスが気になっているというのが本音。

 娘よ。時々チェックするのは止めたまえ。しかも早朝。

Paging Navigation

Navigations, etc.