FC2ブログ

logs

だれおは(BlogPet)

だれおは、cyaimiがポスターにレビューしたいなぁ。
ここへcyaimiと記事をレビューされたみたい…
きょうcyaimiで、レビューした。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だれお」が書きました。
スポンサーサイト



OneOff-R

 ついにキタキタ。

OneOff-R公開!(by Got mail

 でも、今夜はぐったり。また今度。

ゲーム小ネタ

 どちらかというと、私にとっては現実逃避の部類に入るわけであるが、小ネタのオンラインゲームを暇つぶしという名の下に熱中する時がある。決して暇があるわけじゃぁない。ほらほら、そこの桟に埃が積もってる、食器が洗いっぱなしよ、全く内の嫁は部屋の真ん中だけきれいにしたってしょうがないんだからぶつくさ。

  • RubyTooth - Double Wires
    • この棒人間の怪しい動きがなんとも
      クリックポイントが上手くつかめず、何度も棒人間がもがきながら転落…
  • Flow
    • 近くで見るとそうでもないが、遠めで見るとちょっとぞわぞわする
      第2ステージまで行ったが、PCがしょぼいせいか、処理が追いつかず喰われまくりで断念
  • findit
    • timeoverしても、何度もやり直せる。その際一言ヒントが出るが、難問に限ってヒントになってない


 

 このうち、きっぱり現実逃避は「Double Wires」。
そうそう、OneOff-Rはクリアに2時間もかかっちゃった。暗号解読のアイテム組み合わせに戸惑い。

odai

マイハニーのお願いだから

 ダーリンお願い、作って(はぁと)

と、マイハニーから(脳内で)お願いされちゃったので、作ってみました。

よくわかるcyaimiのネット用語講座 (協力:娘1号2号)

 

 

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

追記にならない追記:まともに記事も書きました


俺ルールトラックバック

 ああ、もうこれ早く見せたい。たまらん。

 と、衝動に駆られて言及もへったくれもない記事でトラックバックしてしまい後悔の嵐。そして後出しでまともに意見を述べてみる。

トラックバックは、その記事に言及したときに「言及しましたよ、私の記事も関連記事として読んでみてください」と送信通知するものです。

いわゆるヒトツの処世術。

 sugarさんのおっしゃる上記の内容が正当である。以前にも書いたことがあるのだが、私のトラックバックに対する認識は「記事と記事をつなぐツール」である。

 とか何とか言いながら、滅多にトラックバックなどは送信しない。文中のリンクをする時はあってもトラックバックは送らないことが多い。では、トラックバックを送るか、記事内のリンクだけで済ませるかの判断をどうやってしているかといえば、「送信する側」「送信される側」のことより、むしろ第三者であるところの「閲覧者」を意識して考え、送信するかどうかの判断をしている気がする。

 自分自身で判断しているのに「気がする」とは、なんと曖昧な。まぁ元々トラックバックする機会が少ないというのもあるので、改めて考えてみたらそこに判断ポイントがあったということである。

 この記事と記事をつないでおいたら(送信先のブログ)閲覧者に対して参考になるものを配信できるのでは、と思ったときに送信している(のだと思う)。それはおそらく、自分自身が一つの記事を読んだ時に、興味深くてもっとこの記事に関連したいものを読みたい、と思ったときに目に付いたトラックバックからどんどん関連記事を渡り歩いて、最終的に数多くの意見を目にすることができた経験が数多くあるからかもしれない。

 つまりは自分自身が「閲覧者」の立場に立っているのか。も。

 じゃぁ自分が「送信される側」に回った時はどうであろうか。

 トラックバックをあまり送信しないのと同じくトラックバックを送信されることも少ない。これはまぁこのブログの内容から言って当然といえば当然である。(ここで知名度とかアクセス数とか話題に出してはいけない。悲しくなるから)

 少ないながらもトラックバックを受ける時はあってさらに少ないが削除したときもある。削除するかどうかの判断をその数少ない機会を思い起こしてみると、どうやらここでもやはり「閲覧者」の立場に立っているようである。

 私のブログを見に来る人が、果たしてこの記事を読みたいだろうか。読んで参考になるだろうか。

 ここら辺がポイントのような気がする。

 ブログの内容が内容だけに批判を受けることも少ないわけで(というかない)、言及されることも少ないわけで(言及したくなるような記事もないし)、だからと言って批判を受けたり反対意見をトラックバックされたとしても、おそらくこのブログの管理者であるところの私は「閲覧者」の立場に立って削除するかどうかの判断をするに違いない。「批判」も「反対意見」もそれは閲覧者にとって有意義であれば、それは「記事と記事をつなぐ」に値するからである。

 

 書いているうちに考えがまとまる、という例。ちょっと乱雑。

Lの指先が良かった

 映画の感想タイトル。

 

 帰宅したとたんに何故か気力がぷしゅぅと音を立てて萎んだ。そんな私に空気を吹き込んだ

デスニャート

 たまらん。

参考:DEATH NOTE

君が僕を知ってる

EPLP
RCサクセション
B000BDJ566 「風呂あがりの夜空に」の中で、主人公が銭湯の鏡を見ながら一人で歌うのである。RCサクセションの「君が僕を知ってる」。

鏡を見ながら、というよりは自分を見つめながら歌うのである。

 

 例えば人込みで転んでしまっても、子供のように声を上げて泣くことはない。あいたた、とか呟きながらそそくさと立ち上がり軽くズボンをはたきながら、痛みを堪えて何事もなかったかのように(そしてちょっと照れ隠し)、目的の場所へと足早に歩いていく。

 こりゃやばいぜ、というほど転んでしまい自力で立ち上がれなければ、手を貸してくれと周りに救いを求めるかもしれない。

 けれどもそれも出来ない時、例えばパンツ見えるほど転んじゃったりした時には、自力で立ち上がることはおろか周りに救いを求めることも、周りを見渡すことも出来ない。

 人込みで、ただそのまま、転んだまま。

 誰か助けてと、心の中では叫ぶのだけど声にならない。

 でも、君が僕を知ってる。

 何度も差し出された手を掴むことも出来ないで、立ち上がろうともがくことも出来なくなって僕が転んだことなんか誰も知らないと、君が知ってることにも気づかずにいた。

 

 認めている部分も多いけれど、むかつくし反発もあるし負けたくない気持ちも強いのはお互い様で、そんな君たちが僕を知ってる。ずっと続くわけではないだろうけど、いつまで続くか判らないけど、君たちが僕を知ってる。

 傷だらけになってしまって格好悪いけれど、やっと差し出された手にすがって顔を上げることが出来た。ちょっと時間はかかるけれどまだまだ格好悪いけれど、「えへへ」と頭をかきながら、ちゃんと立ち上がって歩き出すから、歩き出したら先を行く君たちにまた追いついていくから大丈夫。

 君が僕を知ってる。そのことに感謝。

きょう(BlogPet)

きょう、cyaimiは帰宅するつもりだった?
ここに音が帰宅しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だれお」が書きました。

 スーパーに行くと「豚の角煮バーガー」なる冷凍食品発見。以前にも書いたが、この手のものを自宅で食べようとは思わないのであるが、「試しに食べてみたい」という気持ちが強い。そんなものにめぐり合ってしまうと、最近はもっぱら昼食にと職場で食べるのである。素敵です電子レンジ at 職場。月曜日の昼食は豚の角煮バーガーです。(予告)

 豚の角煮自体好きではあるが、自分で作るとなると揚げ豚のほうが好きである。豚バラブロックをじっくり揚げて醤油をかけて塩コショウ、後は時々ひっくり返しながら冷ます。うすっぺらく切って食す。時間はかかるが本でも読みながら揚げるので、手間も差ほどでもなく、仕上がりも脂っこくなくてよいのである。

 そんなことには一切関係なく、小ネタ

話をぶった切って質問 by すべらない名無し

 ○○さんに「□□さんとこの件で打ち合わせしておいてね」と言おうと、○○さんに向かって「□□さん」と呼びかけてきょとんとされてしまうことが多い私は共感してしまうのであった。

価値のある記事

 ふと思い立ちパソコンの大掃除を実行。

 左右の壁をがしっと外す。

キャー外れたー(娘たち歓喜)

 すごい埃である。埃がすごいという表現よりはむしろこの中は廃墟の体である。廃墟のようなパソコン。どんなパソコンだ。

キャーすごい埃ー(娘たち歓喜)

 後は何処を外すんだったか、ここらか?

キャーまた外れたー(娘たち歓喜)

 掃除機でゴーゴー埃の固まりを吸い取り、さらに綿棒で「ここら辺までなら触って大丈夫よね?」辺りをぐりぐりやって「ここら辺は怖いから触らない方が良いね?」辺りはふーふー吹いてみたりしながら再度掃除機。をを、きれいになった(気がする)。

 先ほどまでは事あるごとに歓喜していた娘たち、なにやら物欲しげな目つきに変わってきたのである。

「分解するのって楽しいよね…」

 獲物を狙う目である。

では、キーボードの掃除もついでに行うか。

キャーやったー(娘たち大歓喜)

 最初はカバーごと外してみるかと思ったのだが上手くいかず、キーを一つずつ取り外して土台を掃除、キーを一つずつ拭きながら再度埋め込み。ぴかぴかだ。(汚れの大半はタバコの灰と埃)

 さて、とパソコンとキーボードを元通りつないで起動すると、あろうことかマウスが動かない。差し込むUSBを変えたらOK。よしよし。と思ったらキーボードが全く反応しない。ランプはつくのであるが、認識していないようである。コントロールパネルからあちこち覗くのだけれども、何処を見ても「キーボードは正しく認識されてるよん」という答えしか出てこない。ドライバを更新してみたり選択しなおしてみたりアレコレやってもだめである。

 このいきさつからはキーボードが悪いのかパソコン本体が悪いのか判断できない。ためしに昔使っていたUSBのキーボードを挿してみると正しく認識する。PS/2の方だけだめだ。うーむ。

 ということで今は昔使っていたキーボードを使っているのであるが、このキーボード「使っていた」というほど使っておらず、何故ならスリムタイプというのであろうか、ノートパソコンみたいなキーなのである。気の迷いで買ってしまったという代物(高かったのに)。使いずらいことこの上ない。タッチが軽すぎて二度打ちしまくりでやたら「っ」が入りまくる。キーの配置もなれない。Enter近すぎ。

 ものすごくタイピングに気を使って書いている、ことに価値のある記事である。気力が萎えているのでオチも萎える。致し方なし。

馬鹿親として

 なんだかあっという間に「いじめ」と「自殺」から「善意」と「転載」に話題が飛びまくっていて、まったり気質の私としてはこの慣れないキーボードを使ってのタイピングでは同じ程度に追いついていけないわけである。既にブラウザのタブも限度目いっぱいまで開かれていて(尚且つ閉じられている物もあったりして)、興味を惹かれた記事が行方不明なのである。(こんな時こそブックマークを使うべきであった…)

 さてさて、「いじめ」と「自殺」に関して言えば、私にもその心配をしたくなるお年頃の娘たちがいるわけで、幸いにも今までのところ苛められた(と本人が感じた)ことはなく、じゃぁ、苛めた経験はと言えば、とりあえずはなさ気である。「とりあえずはなさ気」というのも甚だ曖昧であるが、私という人間から生まれてきた上に私という人間に育てられた私の娘たちは、何故か驚くほど正義感が強い。「何故か」と言うのはつまりは、私はそれほど正義感の強い人間でもなく、娘たちの「おまえったら正義感強いのね」エピソードを聞くと、こんなママでごめんなさいとか心の中で謝ったりするくらいである。(勿論、幼少時特有の正義感、というのもあるかもしれないし、馬鹿親の目を通しているからというのもあるかもしれない)

 ただ、いじめる方にしろいじめられる方にしろ決して「うちの子に限って」はありえない。いじめられる方に関して言えば、報道などで時折目にするように自殺に発展されるのだけは馬鹿親としては防ぎたいわけで、じゃぁその為に何が出来るかといえば、実際にはその場に直面しない限りわからないのである。

 私は子供を愛しているが、だからと言ってその行動に注意を払って、敏感に不穏な空気を見極めることが出来るかどうか、無言で発する危険信号を察することが出来るかどうか、甚だ自信がない。今まではできた。でもこれからも出来るかどうかは分からないのである。

 だから子供に言う。

 何があったって死ぬほどのことはないさ。この世の中知らないことは山ほどある。その山ほどの知らないことを知らないうちに死ぬくらいなら、学校変わったって良いじゃないか、引っ越したって良いじゃないか、今が苦しいからといって未来もずっと苦しいとは限らない。死ぬ前にやれることはたくさんあるし、きっとそのやれることの中には親である私が「大人の力」で出来ることもあるはずだ。学校を敵に回すことも、時には逃げることも、それから「大人の知恵」を使ってできることも少しはあるかもしれない。だから「もう死にたい」なんて思った時には、ちょっとだけこの親を頼ってみてくれ。最後の最後で良いから、ちゃんと思い出してくれ。

 勿論馬鹿親なので、どの程度彼女たちにこの数年前に言った言葉が届いたのか分からないし、どの程度彼女たちの力になれるかどうか分からない上に、どの程度彼女たちが「親」としての「大人」としての自分を認めてくれているか分からないわけであるが、それでも彼女たちの「最後の逃げ場」にはなってやりたいと、馬鹿親ながら思うのである。

善意ってすごい

 (自分の中で)旬が過ぎないうちに書きなぐり。

ぜんい 1 【善意】

(1)よい心。善良な心。
(2)他人のためによかれと思う心。好意。
「―でした行為」
(3)物事をすべてよいように受け取る心。いい意味。
「―に解釈する」
(4)〔法〕 法律上の効果を生じうる一定の事実を知らないこと。私法上、一般に善意の行為は保護され、責任は軽減されることが多い。

ぜんい 1 【善意】 - goo 辞書

 事の起こりは「あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!!」であるらしい。

 そこから発展して、それまでは「いじめ」と「自殺」について話題沸騰(不謹慎)であったのが、「転載」と「善意」について話題沸騰(不謹慎その2)。おそらくそこで語られているであろう(そしてこの記事に対して言及している多くの記事で語られているであろう)「善意」は、上記の(2)ではないかと思うのである。

 私には「善意」はあるのだろうか。とりあえず自覚は全くない。「他人のために良かれと思う心」なんて私にあるのだろうか。「他人のために何かする」事は確かにあるのだが、それは「他人のために良かれ」と思ってしているのだろうか。自覚している中では「他人のために何かしているがそれはつまり自分のため」であったり、「他人のために何かしている自分が好き」であったり「他人のためにしているようでいて実は自分のため」であったりする。これは自覚がある。なので、傍からどう見えようが私にとってそれは「善意」ではない。

 だから仲の良い知人は言うのである。「おまえったら偽善者なんだから」。そう、傍目にはそれが「善意の行為」として映るがその実違うのであるから、やっぱりそれは「偽善」だろ、と愛おしさをこめて知人は言うのである。(この場合、知人は間違いなく「いとおしい」という気持ちを込めてくれているのが不思議だ)

ぎぜん 0 【偽善】

本心からではない、うわべだけの善行。

ぎぜん 0 【偽善】 - goo 辞書

 これが私に当てはまるかどうかは微妙である。なんと言っても本人は「善意」として行っていないのだから。またそれを隠すことも(隠す必要もなく)しないのである。

 そう考えると「善意」と声を大にして自分で行動を起こす人ってすごいのである。「回りまわって自分のため」とか考えないのである。そこにあるのは「他人に良かれと思う心」のみなのである。

 

 10年以上前であるが、北海道南西沖地震による被災地に泉谷しげるが「お前ら募金しろ!」とゲリラ的チャリティコンサートを行った際に叩かれたことがあったが、その後「売名行為だ!」と自ら声を出してさらにチャリティコンサートを展開したことがあった。

 売名行為だろうが何でも良いのである。結果的に彼の起こした行動は(単身ギター片手に被災地を訪れたことも含め)被災者のためになったのである。そこに善意があったかどうかも不明である。ただ、彼の行動は確かに他人のために役立った。それだけである。

 「他人のために良かれと思う心」それ自体は大事であるだろうが、そのために何をするか、それを考えて行動する方がもっと大事だと思うのである。「善意」そのものが他人のためになっているわけでは、決してないのである。

 

書きなぐりに付き、乱文。

関連記事:拾いきれないので、私がたどり始めた元記事をリンク(手抜き)。リンク先・トラックバックからどんどん関連記事が読めますことよ。(でも、Yahoo!は重いよ)

とりあえず何か行動をしたという錯覚は、とりあえずしないほうが良いという話
(by sugar pot


今週の標語

 注:顎を突き出し加減で、アクセントは「ぜ」と「な」に。元気良く(重要)。

善意があれば なんでもできる

1 2 3 だーー

 

 ちょっと調べた参考:善意

話題とか(BlogPet)

今日は、cyaimiは、ネットで話題とかを自殺しなかったよ
広い話題や、善意とか、広い善意と、話題とか、善意とか、広い善意や、話題とか、善意」と「転載」に話題が飛びまくって、まったり


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だれお」が書きました。

思わずドキッとしてしまう男性の仕草?

 もて姿ランキング (by ランキングジャパン)。迎賓館裏口で発見。

 人の萌えどころは様々。女性男性限らず。だから世の男性は「この仕草で女性はドキッとするのか」などと思ってはいけない。「ドキッとする人がするからドキッとする」のである。

1.エレベーターの乗降り時に、ドアを押さえてくれる

 これはアレだ。「新入社員の心得」では。

2.助手席に手を添え車をバック

 良く言われる(らしい)。で、これ「自然に出る行動」なのかどうかずっと疑問だったので試してみたことがある。やりずれー。後ろ見難いー。

3.ネクタイを緩め、Yシャツの袖をまくって残業

 中途半端はいかん。ネクタイ外せ。

4.旅行先のホテルやお祭りでの浴衣姿

 むしろ私服でいるのが変。

5.伝言メモやホワイトボードの字が、思いのほかキレイ

 要は「意外性」って言うのがポイントか。でも字のきれいな人はドキッとするかも。(自分の字が汚いからか…)

6.パソコンに詳しい(メール設定やネット接続設定)

 便利君。

7.残業で疲れきっている時に、タイミングよく甘いものを差し入れ

 私の回りは主婦多数なので、いつもタイミングよく甘いものを差し入れてもらっている。(そして差し入れていたりする) 要は「タイミングよく」がポイントか。

8.電話の受話器を肩で挟みながらパソコンを操作

 肩こるでしょ。普通に。

9.焼き魚の食べ方が上手(キレイに骨だけ残す)

 私の母と私の娘は異様なまでに焼き魚の食べ方が上手い。(私は下手=面倒くさい)

10.飲み会のとき騒がしい店内で店員を大声で呼んでくれる

 便利君その2。

11.メガネを外して、目頭を押さえてため息をつく

 根本的なところに、きっと「メガネ萌え」があるに違いない。

12.ジャケットをクルッと回しながら、ダイナミックに着る

 ひろみ郷?

13.居酒屋などで遅れている料理(ドリンク)を店員に聞いてくれる

 便利君その3。

14.デスクにマニアックな洋楽のCDが置いてある(意外と音楽通)

 マニアックな洋楽はCDのジャケットを見ても意味不明。

15.自分よりブラインドタッチが早い

 私の周囲の知人にはタッチタイピングが私より早い女性が結構いる。男性にはお目にかかったことがない。ドキッとするんだろうか。むしろライバル視。

16.片手でスプーン&フォークを器用に使って、サラダを取り分ける

 これは素敵だ。自分に出来ないことは素直にあこがれる。ただしドキッとはしない。

16.暑い日に、脱いだジャケットの襟を指二本でひっかけ肩に掛ける姿

 ええー。CM以外にこんなことする人いるのぉー。

16.デスクに仕事関連の本が並んでいる

 むしろ違う本がずらっと並んでいる奴が嫌だ。

19.自動販売機の前で缶コーヒーを一気に飲み干す

 のどが渇いてるだけだろ。

20.鍋のふたを素手で持つ

 手の皮厚い人は良いなと心から思う。(私は薄い)

 

 ちなみに私は「タバコを持つ指」にドキッとする場合があるが、これは「ドキッとする人が」の場合もあるが、「タバコを持つ指を見たら私の好みの指だった」場合もある。


顔写真の悪用

 どんよりした気分で小ネタ。

ekken♂ : 右クリック禁止は無力なんだが……

他人の顔写真を悪用する目的の人には「閲覧者の善意」など全く期待できないので

 元記事の内容とは全く関係なく「顔写真の 悪用」と聞いて連想できたのは、教科書に載っている夏目漱石にいたずら書きをしたことだけだった。どんよりしている時にはきっとこんなもんなんだ。(無理やり納得)

善意とか(BlogPet)

cyaimiは
今日は、cyaimiは、顔写真で話題とかを自殺しなかったよ広い話題や、善意とか、広い善意と、話題とか
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だれお」が書きました。

小ネタ-殺伐としたい時は

 11月中の火曜日は更新する日(後付)。そして水曜日は更新しない日(これも)。地味なそして個人的なカレンダー活用法。活用になっていないと指摘はしちゃいけない君と僕のお約束。やや疲れ気味。なので「テンプレートに画像使わない主義」なのに期間限定でモールを。「隠れファンだからやっぱり使わないと」と言ったら「全く隠れていない」と指摘を受けた逸品。

 簡単にさくさく物が作れるって素敵だ。沈殿しかけていたモチベーションを救ったのはMindManagerだったりする。溜まった仕事も一気に解消。ざくざく項目だしまくってもへっちゃら。素敵素敵。

 社長が「だからFC2って何よ」というので「ファンタスティックくぴくぴです」と意味不明な解説をしてみたり、「何でそんな事詳しいの」というので「その界隈の人だからです」と役に立たない知識(きっと役に立つ知識もあるはずなのに目立たないのが不思議だ)をひけらかしてみたりしながら、タバコを買いにいくついでに夕飯の買い物に出てタバコを買い忘れて帰宅、再度でかけ、1000円札を握り締めてお店より近い自販機で3個購入。ありゃりゃ、いつの間に300円に値上がったのさ。こういうのってこっそり上がるものじゃないでしょと、手に取ったロングタバコを見て呆然としたりする今日この頃。

 なんていうか、ものすごく生産的じゃなくて、おまけにくだらない何の役にも立たない素敵な自己満足なことがしたいなぁと思うのは煮詰まっているからだろうか。ステップアップのための次の課題はストレスマネジメントですよ奥さん。カスタマイズ熱も今ひとつ盛り上がらない。ネタが無いし。

 なんとなく殺伐とした欲求が不満な気分の時には、さらに殺伐とした欲求が不満なものを鑑賞するのも良いのかもしれない。

ぁ板アーカイブスNo.56423 - 動物変死体のスレ

 悲鳴物ですぜ、ダンナ。

今日のだれお

久しぶりに一句詠んでくれた。

 

 秀逸。


 

   ちなみに、だれお背景が表示されていないのは、FlashPlayerが上手くインストールできていないから。(IE+FlashPlayer9との相性のせいらしい)
Operaでは私の環境でも正しく表示。

Paging Navigation

Navigations, etc.