FC2ブログ

logs

部下思いの上司

「まるで僕が冷たい人間だって、全国の人に思われちゃってるよ」

 とISAO氏が呟いた。(参照

 そんなことはないのである。部下思いの素晴らしい上司なのである。あまりにも部下思いの素晴らしい上司なので、部下であるところの私と心が通じ合っちゃったり私の心がお見通しであったりするのである。それほど、部下思いの上司なのである。

 

 その日その時、私にはISAO氏に相談しなければならない案件が持ち上がった。ところが、運の悪いことにISAO氏は外出中である。ちっ。あ、イヤ、誤解のないように言うならば、ここで私が舌打ちしたのは決して「こんな時に外出中なんて!私が相談したいときにそばにいないなんて!私と仕事とどっちが大事なのよキーー!」(違)と言う舌打ちではなく、その相談内容をメールで送らなければならないからである。

 実は私、IT産業に携わっていながら、メールが苦手なのである。電話で済むなら電話で済ませたい派、携帯電話は電話できればOK派、親指でチマチマメールなんて打ってられねぇーよ派なのである。

 苦手な理由はいくつもあるのだが、まず物事を端的に、そして簡潔に文章にまとめるのが苦手であり、尚且つ、気を使いすぎて文章表現が怪しくなるのである。必要なことを言うのに回りくどい説明を入れすぎたり、逆に簡潔にしすぎて相手に意味が通じなかったりするのである。それが判っているので、殊の外メールを作成するのに尋常ではない時間をかけてしまったりもするのである。それはもう「IT産業に携わる云々」のレベルではなく、単に文章作成能力に欠けるとか言葉遣いの一般常識に欠けるとかそういったレベルではあるが、ともかくメールが苦手なのである。

 だが、致し方なく。チマチマメールを打ち始めた。尋常ではないほど時間がかかる上に、容赦なく電話は鳴る。切ったらまたメール。そしてまた電話。どえらく時間をかけて、やっと文章が(わずか10行)出来上がりかけたときであった。

 ISAO氏から事業部に電話が入った。

「あ、cyaimiさん?」

 はい、お疲れ様です。

「僕になんか話したいことない?」

 はい?いや、あの、確かに今メール書いてる途中でしたが。

 ここで私の脳裏をよぎるのは、例のアレである。まさかまた書きかけでメール送信したりはしていないだろうか。いやいや大丈夫。だってそのメール、今デスクトップにあるし。

「いや。なんかね、cyaimiさんが僕に話があるんじゃないかなぁと思ってさ」

 え。イヤ、確かにそうですが。え。何で判るんですか。まさか心が読めちゃうとか。

「そうそう。読めちゃうよ。第一、cyaimiさんそんな顔してるもん」

 は、はい?見えるんですか?

「見えるよぉ。ああ、今、僕宛にメール書いてるなぁとか。僕に話がありそうだなぁとか判るもの」

 部下思いすぎて心が読めちゃってるらしい。以心伝心。部下が困っているときに心が通じ、すかさず救いの手を伸べる、なんと素晴らしい上司であることか。おまけに離れているのに顔まで見えちゃうらしい。なんと素晴らしい上司…なのだろうか。むしろ恐ろしい気もしないではない。

「ふむふむ。じゃぁこういう風にいってごらん。そうしたらcyaimiさんの株も上がるでしょ」

 わーーーん。ありがとうございます!!その通りにしてみます!

 

 頼れる上司に相談したおかげで、その案件はスムースに事が運びバッチグー(死語)な出来栄えに終了した。やはりもつべきものは頼れる上司である。

 頼れる上に部下の心もお見通し、離れていても顔までわかっちゃう、そんな素晴らしい上司であるのだ。決して新入社員のことをうっかり忘れまくっちゃうだけの上司ではないのである。部下思いの素晴らしい上司!ビバISAO氏!私、この会社に入れて幸せです!!



 まさかカメラとか仕掛けてないですよね?

「ふふふ。最初に○○さんが『cyaimiさんが用があるみたいだ』って言ってた」

 なんてこった。

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.