FC2ブログ

logs

夏休みの宿題

 実務マニュアル作成とかそう言うことではなくって。

 

 夏休みである。健全なお子様は健全に夏休み突入したのである。勿論それには「夏休みの宿題」と言う素敵なおまけ付きなのである。



「どうしよう。宿題に「郷土料理を一品」って言うのがある」

 ぁあ?

「郷土料理の作り方が宿題なの」

 きょ、郷土料理…

「なんかある?」

 さぁ、ここ(埼玉)では聞いたことないが…。

「別に自分の住んでる場所じゃなくってもいいんだって」

 を、それならおばちゃんに聞けばいいじゃないか。

「あ!そうだね!ゴーヤチャンプルあったね!」



 鹿児島の親戚の家に夏休みを利用して行った時のことである。「比較的苦味の少ないゴーヤでチャンプル作ってみたけど」と夕食に上ってきた。うわぁ。ゴーヤって初めて食べるんですよ。どんなかなぁ。



 に、にがっ

「ええー、美味しいよぉ」

 に、苦いよ。君ら平気なのか

「うん、美味しい」



 娘たちは平気らしい。



「これなんかどう?ゴーヤを塩もみして醤油と鰹節」

 に、にがっ

「ええー、ママダメなの?こんなに美味しいのに」

「じゃ、帰るときにまたゴーヤ買って来てあげようか。お土産に」

 いや、いいです。遠慮し

「うんうん!たくさんね!」



 墓穴を掘ったようである。作れるかもしれないが食べられない。いや、何もゴーヤチャンプルじゃなくったっていいじゃないか。ほかにもきっと「郷土料理っぽいもの」知ってると思うよ?



「じゃぁさ、おばちゃんに作り方聞いて、教えてよ」

 無理である。味見ができない

「夏休みの宿題なのに!」

 正直すまん。無理だ



 と、このようにゴーヤは苦手なのでいりませんから!

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.