FC2ブログ

logs

君は侍魂を知っているか

 「フォントサイズ・フォントカラー変更を駆使した文章」を書こうとした時に私の脳裏を過ぎったのは、「フォント弄り系サイト」の存在である。今はこんな表現で呼ばれることがあるのであろうか。などと言うとお里が知れてしまう。










お歳だろ




 いやいや、驚くなかれ。これがその「フォント弄り系」と呼ばれる技法なのである。本来ならば、「落ち」と呼ばれる部分を敢えて声を大にするかの様にフォントを大にし「ほら、ここが落ちですよ。ぷっと吹き出すところですよ」と読者に示すのである。勿論、視覚効果も同時に狙ってのことである。ここで重要なのが「センタリング」にすることである。

記事全体がセンタリングしているとなお良いのである。

フォントカラーでより強調するのも有効である。



勿論センタリングをしているわけなので



 行頭字下げとかしても意味がないのである。

↑試しに字下げしてみた
















字下げ わかんねぇって




 賢い方なら、もうお解かりであろう。「フォント弄り系」には欠かすことのできない要素「センタリング」と同時に、














無意味な改行

















果てしなく無意味な改行

















何処までも無意味な改行




 これも欠かすことのできない重要な要素である。つまり
  1. フォントを弄る

  2. センタリング

  3. 無意味な改行
これらをなくして「フォント弄り系」とは言えない訳である。

 決して


きっちりと
行間を詰めて
書くなんてのは
以ての外なのである。


であるからして




って言うか縦に長すぎっ





とか




スクロール うざっ





であるとか




資源の無駄使いぃ!



 などと言ってはならない。これが「フォント弄り系」の王道なのである。

 そして、賢い方なら、もうお解かりであろう。文章力の無さ、落ちの貧弱さを視覚効果で誤魔化せるのがこの手法である。















って俺かよっ

この記事へのコメント

 追記使っちゃったので
  • 2005/09/07
  • cyaimi ♦qPsYJoI2
  • URL
  • [ 編集 ]

ここで追記。

1.タイトルには「侍魂」と入れたが、それ以前も勿論フォント弄りは数多く存在した。「フォント弄り系」の名とともに爆発的にヒット(蔓延)させたきっかけが「侍魂」であるのだ。

2.「無意味な改行」に意味を持たせられるのが、「ウケるフォント弄り系」である。

3.当時はこの手の文章(「フォント弄り系考」「フォント弄り系批判」なども、溢れるほど存在した。

4.実は、「ソムリエ版テンプレートコンテスト」の表示用記事である。
http://fc2blogwalker.blog21.fc2.com/

5.文章中にフォントでかくしたのは、本気で初めてなので、書きながら変な汗が出ました。

6.もうしません。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

 おつかれさまでした(^^;
  • 2005/09/07
  • sugar ♦TEqExUC2
  • URL
  • [ 編集 ]

ディベートで、心にも思っていない内容を主張するような気分でしょうか(^^;
ありがとう&おつかれ……。

 まさに「力仕事」だった
  • 2005/09/07
  • cyaimi ♦qPsYJoI2
  • URL
  • [ 編集 ]

同じテンプレ使って表示させた時に先ず思ったのが
「fc2blog beauties…だったよな…」
ものすごく雰囲気壊すよなぁ<あ、でもちょっと快感<何故

実はrouteのラインにセンタリングがマッチしやがるぜ、
とちょっとご満悦。

 FC2blog beauties
  • 2005/09/07
  • sugar ♦TEqExUC2
  • URL
  • [ 編集 ]

いやいやいや
FC2blog beautiesは美と力を兼ね備えているのです(w

実際自分で書こうと思ったけどできんかったのよ。
(そのときにまさに侍魂が頭に浮かんでいたわけですが)
ですのでそれを成し遂げたcyaimiさんのまさに偉業に乾杯っす。

>センタリングがマッチ
横幅を変えてみてリキッドなテンプレートでリキッドな文章を楽しんでみました(w

 照れがね
  • 2005/09/08
  • cyaimi ♦qPsYJoI2
  • URL
  • [ 編集 ]

> 実際自分で書こうと思ったけどできんかったのよ。

そう、書き始めはね、なんだか照れがあって「どこででかくしようか・・・」ってなかなかできずにいたんだけど、ある程度まで書きあがったら「あ、ここにもワンフレーズでかくして入れちゃおっ♪」てな感じでした。
改行も、一番最初はえらく控えめだったのになぁ。

やってみると、何かがちょっと吹っ切れる。
(イヤ、吹っ切らなくてもいい)

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.