FC2ブログ

logs

長持ちネタ

 事業部内は各チームごとにパーテーションで区切られているので、他チームの人(喫煙者除く)と2,3日顔を合わせないのなんてざらである。

 

「あれ、手どうしたんですか」

 これですか。こう(拳を握り締め)ブロック塀を殴りました。

「マジですか」

 

 そこでうずうずした顔で振り向いたのは、パンツ見えるほど転んだ時に現場に居合わせ「パンツ見えた」と容赦なく言い放った唯一の目撃者である。

 

「真相語っても良い?」

 お好きにどうぞ。

 

 ちなみにこの目撃者、当日から既に「ああ、早く皆に報告したい」とうずうずしていたのであるが、「一週間は言わないで下さい。自分で言う分にはなんともないですが、知らないところで人にネタにされるのはいやです。許しません」と堅く口止めしていたのである。

 さすがに三日も経ったので痛みもずいぶんと治まり、まだ通常通りには行かないもののタイピングも楽になる。いらいらも治まる。のどかな昼食時。手を下げるとまだ痛みに襲われるので(手の甲に心臓が移植されたかのよう)、食事しながらもなんとなく不自然に左手が上がっている。

 パンツ見えるほど転んだ現場には居合わせなかったものの、その時ドアを隔てた室内にいたisao氏が物言いた気に近づいてくる。

 

 なんでしょ?

「いや、手は大丈夫かなぁと思って」

 ああ、ずいぶん痛みは治まりました。

「cyaimiさんの手、転んで怪我したんでしたっけ」

 うん。

「もうね、すごかったよ。人が転んだ音じゃなかった。あのくらいの棚がだーんっと倒れたくらいの音よ。すごかったよー。ビル全体が揺れるくらい」

 はいはい。

「ごめんね、しつこくて。でも一週間はネタにし続けたくて」

 大丈夫です。一ヶ月くらいは覚悟できてます。

「良かった。一ヶ月続けて良いのね」

 

 ちなみに、「人が転んだ音じゃなかった」というのは大げさだろ、いくらなんでも「ビル全体が揺れる」ほどはありえないだろ、と思っていたのであるが、その時isao氏と同じ室内にいた人からも「まさか誰かが転んだとは思わなかった」と言われたほどなので、やっぱりパンツ見えるほど転んだ威力はすごかったのである。

 

 と、このように、パンツ見えるほど転んだと言うような大ネタは長持ちするのである。あと2杯はお替りできる。ガラの話はともかく。

そしてだれおの「パンツ…」発言率が妙に高かったりするのであった。

この記事へのコメント

 Re: 長持ちネタ

cyaimiさん、大丈夫ですかっ?!
声と手は、商売道具ですから。お大事にしてください。
それにしても、ビル全体が揺れるって・・・。

 Re: 長持ちネタ
  • 2006/09/30
  • cyaimi ♦qPsYJoI2
  • URL
  • [ 編集 ]

素直に心配してくれるのはyukiさんくらいです。しくしく

>それにしても、ビル全体が揺れるって・・・。
某天王洲のビルですよ。
何でもOA用フロアのせいで振動やら反響やらすごいそうです。

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.