FC2ブログ

logs

引き続き不自由してます

 結局の所「ただの打撲」とか言われて、じゃあなーんでこんなに内出血が広がってるのよ、見た目酷くてほとんど「感染?」とか言われるほど(自分でも思うほど)の内出血ぶりなのにぃ、と言ったら「捻挫もしてるから」と言われ、さらに「怪我直後にかなり指動かしたでしょ。それで治りが遅いの」と反論の余地のない説明をされ納得せざるを得ないパンツ見えるほど転んだ(そろそろくどい)怪我も、ようやく固定が取れた。

 固定は取れても不自由なのに変わりはなく、それでも無理しなければ(のんびりしていれば)タッチタイピングも可能なほど復活。でも瓶の蓋はまだ開けられないの。ペットボトルの蓋もなかなか難しいの。洗濯物パンパンしたら悲鳴を上げたの。

 ちなみにタイピングが復活するまでのネタはてんこ盛りではあるが、もう(自分の中で)旬は過ぎてしまい、例えば職場でタイピングしていたら知らぬ間に固定されている指がキーを打ち、画面にはやたらと合間に「z」が入り込んじゃうとか、自宅だとキーボードの位置が少しずれるからやたらスタートメニューが立ち上がっちゃってむかむかするとか、そんな話は予想通りお蔵入り。予想してたのね。

 通常「更新したい時」に「更新できない状態」というのは良くある話で、むしろ「更新できない状態」だから「今更新したい」であったりするわけで、じゃぁ「更新できる状態」になったらそれまでの分をダダーっと更新するかと言えば、その頃には「更新したい」気分はさらっと何処かに消えうせてしまっていたりする。ああ、人生って儘(まま)ならない。ほんとかい。

 勿論、先々のことを考えて「怪我shot」をその都度撮りまくったのはここだけの秘密だ。

 

 などという意味のないことをグダグダ書いたのもbmoo.netで紹介されていた
このページの先頭へ、をちょこっとおしゃれに | S i M P L E * S i M P L E
を試したかっただけであったりするのだが、やはり不自由なタイピングでは長文にも限界があり、ページの一番下に付けてみた。(Javascript on の環境のみ動作)

 ちなみに、個人的に「このページのトップに戻る」リンクは不必要であるので(どんな用事があってそのページのトップに戻らなければならないのか不明なため、尚且つ「Home」キーで戻れちゃうため)、自分の気が済んだら外す予定。

 要は「どんな風になるか、長いページで試したかっただけ」である。

 

 おまけ:Tribute to Grow
川がやたら涸れて苦労しました。

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.