FC2ブログ

logs

俺ルールトラックバック

 ああ、もうこれ早く見せたい。たまらん。

 と、衝動に駆られて言及もへったくれもない記事でトラックバックしてしまい後悔の嵐。そして後出しでまともに意見を述べてみる。

トラックバックは、その記事に言及したときに「言及しましたよ、私の記事も関連記事として読んでみてください」と送信通知するものです。

いわゆるヒトツの処世術。

 sugarさんのおっしゃる上記の内容が正当である。以前にも書いたことがあるのだが、私のトラックバックに対する認識は「記事と記事をつなぐツール」である。

 とか何とか言いながら、滅多にトラックバックなどは送信しない。文中のリンクをする時はあってもトラックバックは送らないことが多い。では、トラックバックを送るか、記事内のリンクだけで済ませるかの判断をどうやってしているかといえば、「送信する側」「送信される側」のことより、むしろ第三者であるところの「閲覧者」を意識して考え、送信するかどうかの判断をしている気がする。

 自分自身で判断しているのに「気がする」とは、なんと曖昧な。まぁ元々トラックバックする機会が少ないというのもあるので、改めて考えてみたらそこに判断ポイントがあったということである。

 この記事と記事をつないでおいたら(送信先のブログ)閲覧者に対して参考になるものを配信できるのでは、と思ったときに送信している(のだと思う)。それはおそらく、自分自身が一つの記事を読んだ時に、興味深くてもっとこの記事に関連したいものを読みたい、と思ったときに目に付いたトラックバックからどんどん関連記事を渡り歩いて、最終的に数多くの意見を目にすることができた経験が数多くあるからかもしれない。

 つまりは自分自身が「閲覧者」の立場に立っているのか。も。

 じゃぁ自分が「送信される側」に回った時はどうであろうか。

 トラックバックをあまり送信しないのと同じくトラックバックを送信されることも少ない。これはまぁこのブログの内容から言って当然といえば当然である。(ここで知名度とかアクセス数とか話題に出してはいけない。悲しくなるから)

 少ないながらもトラックバックを受ける時はあってさらに少ないが削除したときもある。削除するかどうかの判断をその数少ない機会を思い起こしてみると、どうやらここでもやはり「閲覧者」の立場に立っているようである。

 私のブログを見に来る人が、果たしてこの記事を読みたいだろうか。読んで参考になるだろうか。

 ここら辺がポイントのような気がする。

 ブログの内容が内容だけに批判を受けることも少ないわけで(というかない)、言及されることも少ないわけで(言及したくなるような記事もないし)、だからと言って批判を受けたり反対意見をトラックバックされたとしても、おそらくこのブログの管理者であるところの私は「閲覧者」の立場に立って削除するかどうかの判断をするに違いない。「批判」も「反対意見」もそれは閲覧者にとって有意義であれば、それは「記事と記事をつなぐ」に値するからである。

 

 書いているうちに考えがまとまる、という例。ちょっと乱雑。

この記事へのトラックバック

http://cyaimi.blog5.fc2.com/tb.php/345-8f0c0c69

ブログの管理者であるということと俺様ルールと最近の話題を絡めて。
  • 2006/11/07
  • From : sugar pot

sugar potトラックバックを送るか、記事内のリンクだけで済ませるかの判断をどうやってしているかといえば、「送信する側」「送信される側」のことより、むしろ第三者であるところの「閲覧者」を意識して考え、送信するかどうかの ......


この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.