FC2ブログ

logs

善意ってすごい

 (自分の中で)旬が過ぎないうちに書きなぐり。

ぜんい 1 【善意】

(1)よい心。善良な心。
(2)他人のためによかれと思う心。好意。
「―でした行為」
(3)物事をすべてよいように受け取る心。いい意味。
「―に解釈する」
(4)〔法〕 法律上の効果を生じうる一定の事実を知らないこと。私法上、一般に善意の行為は保護され、責任は軽減されることが多い。

ぜんい 1 【善意】 - goo 辞書

 事の起こりは「あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!!」であるらしい。

 そこから発展して、それまでは「いじめ」と「自殺」について話題沸騰(不謹慎)であったのが、「転載」と「善意」について話題沸騰(不謹慎その2)。おそらくそこで語られているであろう(そしてこの記事に対して言及している多くの記事で語られているであろう)「善意」は、上記の(2)ではないかと思うのである。

 私には「善意」はあるのだろうか。とりあえず自覚は全くない。「他人のために良かれと思う心」なんて私にあるのだろうか。「他人のために何かする」事は確かにあるのだが、それは「他人のために良かれ」と思ってしているのだろうか。自覚している中では「他人のために何かしているがそれはつまり自分のため」であったり、「他人のために何かしている自分が好き」であったり「他人のためにしているようでいて実は自分のため」であったりする。これは自覚がある。なので、傍からどう見えようが私にとってそれは「善意」ではない。

 だから仲の良い知人は言うのである。「おまえったら偽善者なんだから」。そう、傍目にはそれが「善意の行為」として映るがその実違うのであるから、やっぱりそれは「偽善」だろ、と愛おしさをこめて知人は言うのである。(この場合、知人は間違いなく「いとおしい」という気持ちを込めてくれているのが不思議だ)

ぎぜん 0 【偽善】

本心からではない、うわべだけの善行。

ぎぜん 0 【偽善】 - goo 辞書

 これが私に当てはまるかどうかは微妙である。なんと言っても本人は「善意」として行っていないのだから。またそれを隠すことも(隠す必要もなく)しないのである。

 そう考えると「善意」と声を大にして自分で行動を起こす人ってすごいのである。「回りまわって自分のため」とか考えないのである。そこにあるのは「他人に良かれと思う心」のみなのである。

 

 10年以上前であるが、北海道南西沖地震による被災地に泉谷しげるが「お前ら募金しろ!」とゲリラ的チャリティコンサートを行った際に叩かれたことがあったが、その後「売名行為だ!」と自ら声を出してさらにチャリティコンサートを展開したことがあった。

 売名行為だろうが何でも良いのである。結果的に彼の起こした行動は(単身ギター片手に被災地を訪れたことも含め)被災者のためになったのである。そこに善意があったかどうかも不明である。ただ、彼の行動は確かに他人のために役立った。それだけである。

 「他人のために良かれと思う心」それ自体は大事であるだろうが、そのために何をするか、それを考えて行動する方がもっと大事だと思うのである。「善意」そのものが他人のためになっているわけでは、決してないのである。

 

書きなぐりに付き、乱文。

関連記事:拾いきれないので、私がたどり始めた元記事をリンク(手抜き)。リンク先・トラックバックからどんどん関連記事が読めますことよ。(でも、Yahoo!は重いよ)

とりあえず何か行動をしたという錯覚は、とりあえずしないほうが良いという話
(by sugar pot


この記事へのトラックバック

http://cyaimi.blog5.fc2.com/tb.php/352-efabdf8c

転載祭りの狂気~あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!!とは死なせろということですか?~
  • 2006/11/17
  • From : 偽善者キツィこのブログ

偽善者キツィこのブログYahoo!ブログについてのマナーの押し付けに関する一考察。 ブログにおいて時折、 転載・トラックバック・コメントに関して問題になることがあります。トラックバック・コメントに関しては猥褻な有害なものは論外として、強引な書き込みやステハン(捨てハンドルネーム) ......


この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.