FC2ブログ

logs

小銭ジャラジャラ札がひらひら

 社内にはジュースの自動販売機が設置されており、その他にも食堂にコンビニにあるような小さな冷蔵庫があり、ペットボトルや缶コーヒーが置かれてある。また、それ以外にもカップ麺、菓子パン、スナック菓子などを出入りの業者さんが置いていってくれるので、残業などで小腹が空いた時には重宝するのである。大概のものは100円で、買ったものは傍らに置いてある小さな缶に代金を入れておく。所謂一つの無人販売形式である。さりげなく便利である。一袋50円四個入りのドーナッツがお気に入りであったりする。

 毎朝と言うほどでもなく、それでも朝の缶コーヒー、残業時にドーナッツなどを買うことがある私としては、小銭は常備しておきたい。デスクの引き出しには小さな缶を入れてあり、その中に飴やら風邪薬やら頭痛薬などが入っているのであるが、ついでに小銭をジャラジャラ入れておく。例えば交通費を精算した時などはその缶にジャラジャラ入れるのである。ふと思い立った時にはその小銭をチノパン(制服)のポケットに入れて買い求める。時には小銭が尽きる時もあるので、その缶には1000円札を入れる事もある。やはり交通費を精算した時などである。(財布からは出さない)

 また、最近は朝から蒸し暑い日が多い為、小銭をチノパンのポケットに常備している事も多い。出勤したら缶コーヒー、もしくはスポーツドリンク(ローヤルゼリー入り)。自動販売機の前を通りかかる際にいつでも買えるように、ポケットにはいつも小銭がジャラジャラ。

 先日も交通費を精算した。ちょうどデスク内の缶には小銭が切れているので精算した交通費から1000円札を1枚入れておこうと。いやいや、ここはやはりチノパンか。でも、今日は金曜日だしなぁ。チノパンは持ち帰って洗濯するから、やっぱりデスクに入れておくか。

 思ったが忘れたまま

「ママー。1000円札洗濯したでしょ」

 ということになったりもするのである。

 破けないようにそっと干された千円札が、開けた窓から入る風にひらひら揺れる。

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.