FC2ブログ

logs

奇跡の復活(その2)

 もう原稿読みたくない。目が乾いた。しょぼしょぼ。でも読んでしまう。何故ってどれもみな熱が伝わるから。決して「名文」じゃないけれど、思いが伝わってくるから。帰宅し、夕食後からひたすら読み続ける。

 

 価値のある記事で一度諦めかけたキーボード。キーボードの部分部分のキーが打てない。会社に持っていったら分解好きの男の子が誰か直してくれるかもーと思ったが、忙しさに誰からもかまわれず放置。一ヶ月ほど会社に放置していたら年末に「いい加減どうにかしなさい」と怒られる。

 もう諦めます。はい。

 そこに救いの神が現れ、まずは動作の確認を、としてくれたところ、放置されたまま特に誰からも触られていなかったにもかかわらず、何故かキーボードが全面的に復活。うっそーん。「確認したの?」「したした。全部打って、だめなのだけメモッたくらい。家に証人(娘)いるし」とりあえず奇跡の復活(その1)。

 そして10ヶ月。愛用のキーボードは軽快にカタカタ音を立てる。

 しかし、そんな彼も、やがて力尽きるときがやってきた。秋になると、Beep音とともに、静かに息を引き取ったのであった。大元の接触がおかしくなったらしく、ランプすら付かない。Beep音の派手さから言えば決して静かではないのだが。むしろ断末魔の悲鳴と言えるであろう。

 とりあえず打たなければならないことが多いので、高かったくせに使いづらいキーボードをつなぐ。ああ、もう打ちづらいったらありゃしない。娘たちにも不評である。困ったときに登場させられ、いつも文句を言われる高かったくせに使いづらいキーボード。かわいそうだが使いづらい。高かったくせに。

 

 原稿読み疲れた。ちょっと休む。その間は君らでパソコン使ってよし。

「ママ、なんかキーボードの【a】が変」

 変とは。

「変なの。変」

 

 確かに変である。二回打つと延々と【a】が出続ける。あれだ。接触か、もしくはキーの隙間に何か詰まったかだ。一回これをこう外して…んでもって、こうをもう一度押し込んで…あわわわわ。

「もっとひどくなった!」

 仰るとおりである。むしろ仰らなくても見ただけで判る。メモ帳を広げると、延々と【a】が続く。どこまで続くのか、自動入力よ。この際、「a」は使わないことにしよう。だめか。そりゃそうだ。

 ふとそのキーボードの向こうの方に何かある。なんだあれは。あ、息を引き取ったまますっかり放置したキーボードがそのまま置きっぱなし。なんてこった。しかもパソコンにまだつけっぱなしだよ。ランプ付きっぱなし。最後くらい静かに見取ってあげて、ちゃんと供養してあげようよ。あんなに愛用してたのに。

 

 む?ランプ付きっぱなし?

 そしてまた放置された結果、何故か奇跡の復活(その2)を果たしたキーボード君であった。

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.