FC2ブログ

logs

怪しい検索

 ふらりと巡回中、3人に1人は「インターネット上級者」と言う記事を読む。いんたーねっとじょうきゅうしゃ?

 インターネットってのはそもそのリンクで繋がれたクモの巣みたいなもんでって話が長くなると言うよりむしろ面倒なので、バシッとはしょる。

 記事の下のほうに「インターネット上級者の条件」なるもののアンケート結果もでているのであるが、この中で「インターネット上級者」てな者が存在するならば、その必須条件は「検索で目的の情報にたどり着ける」であろう。

 そう、検索上手はインターネット上手であるのだ。インターネットの最初の一歩は検索であるべきだ。

 と言う私は実は「検索魔」である。判らない事やはっきりしない事(言葉)にぶつかれば、まず検索である。仕事中に不明な言葉が出れば即検索である。チャットでダラダラ茶飲み話に興じている時でも、知らない言葉が出れば即検索である。ここではとても口にできない言葉が出てきても即検索である。検索結果を見てぎょっとすることもしばしばなのである。ああ、「それって何?」って聞かなくて良かった。と。

 じゃぁ、私が上記の「インターネット上級者」であるかと言えば、(定義が何だか不明なのを無理やりランク付けすれば)「中級者’」てな辺りであろうか。「中級者の中でちょっと上のほう」程度であるか。

 そんな検索魔の私に「動画をコンテンツ内で公開したい」なる旨のおサポ依頼が来た。動画か。「重くなりますよ」「なりますね」でも公開したいそうだ。

 やったことはないが、まず必要なのはファイル変換辺りであるかなと想像する。プレーヤーに合わせてファイル変換、更にはプレーヤーの記述が必要か。

 そこで勿論検索である。何故なら検索魔であるから。

 バツっと一発で「動画をサイトに公開する方法」を紹介しているサイトでも探すか。「動画 サイト 公開」っと、こんなところでどうだ。を。出てきた出てきた。

 2つ3つと読み進む。今ひとつの結果である。これはキーワード変えて探すかなと、2ページ目で思わず手が止まる。むむ。そうか。このキーワードで探すと。ああ、なるほど。

 そういえばよく若い男子友人が言ってたな。

「なんかパソコン重いと思ったら、エロ動画が山ほど残ってた」

 怪しい検索結果を前に「自宅での宿題にしよう…」とブラウザを閉じたのであった。いや、仕事中にそんなサイト探してたわけじゃないですよと心の中で言い訳しながら。

 いやいや、自宅でも勿論そんなサイト探してませんが。

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.