FC2ブログ

logs

週末はインフルエンザ

 娘2号が先週末インフルエンザにかかった。38.5度の熱が出ているのにもかかわらず「ふらふらする~」とかいいながらへらへら笑っているので、誰も彼女がインフルエンザとは気づかなかったのである。のどが痛むので食事はうどんだのお粥だのであるが、それでも食欲はあったのだ。

 まぁ、幸いにも週末だったので、土曜日に受診してめでたくインフルエンザのダイヤモンドも出て、日曜日には熱も下がった。ああ、Å型って症状が軽いのかななどと思ったものである。

 彼女の経過をそっくりそのまま娘1号が昨日から辿る。うつったのか。と思ったのだが、うつったにしては時期が遅すぎる気がする。昨夜は「わー38.5度まで上がったー」などとへらへら笑っていやがる。やっぱり症状軽いのか。まぁ、間違いなくインフルエンザであるから、明日は出勤前に病院に連れて行くか。

 まだ疲れが取れない私はぐっすり眠っていたのであるが、何やらうっすら意識が引き戻される。

 うー…うー…

 何か聞こえたような。

 く、くるしいー…

 む。

 くるしいよーくるしいよー

 はっと目が覚める。ベッドルームの入り口で何か。

 そこには這いつくばり髪を前面に垂らした何かがもぞもぞと。

 さ、貞子?

 ママーくるしいよー

 む、娘!

 朝の5時である。苦しさに目が覚めたらしい。解熱剤服用。朝起きるとぐったり気味である。症状軽いわけじゃないのか。そういえば娘2号は熱には強く、1号はやたらに熱に弱かったのだ。

 受診中やその後もぐったりしていたものの、薬を服用後帰宅し開口一番「アイス」食べ終わると幾分すっきりした顔。何気なく現金なやつだ。とりあえず寝てろと申し渡して出勤したのであった。

 寝ぼけていたとは言え、苦しがっている君を見て貞子と間違えてすまなかった、娘よ。

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.