FC2ブログ

logs

甘やかされた足

 今の職場で何が楽かと言って、毎日スニーカーで出勤できることである。私の足は毎日のびのびし放題である。

 毎日のびのび甘やかされている私の足は、月に一度抑圧される。びしりとスーツに身を固めるのはそれほど苦にはならないが、足ががっちりとパンプスで固められるのは辛い。先月などは2日間パンプス履きっぱなしで、自宅に帰って足を伸ばしても、しばらくパンプスの形に足が固まり、元に戻らない。ああ、可哀想な私の足。よく頑張ったね私の足。

 明日に控えたイベント。混乱具合を予想して不安がりつつ、実は私の心配はもっぱら普段甘やかされている足についてだ。朝から夜まで一日中固められっぱなしの足。一息つく場もない。

 いくらか履き慣れている靴を選ぼうかと出してみる。む。相当くたびれている。くたびれた分履き慣れているというわけだ。なるほど。

 そんなところで納得していてもしょうがないので、一先ず磨いてみる。クリーナーで汚れを落とし、クリームつけて塗りこむ。塗りこむ。塗りこむ。

 もともと皮が柔らかくつや消し加工のその靴は、磨けど磨けどくたびれた表情は生き返らない。残念。

 

 明日日が暮れたころに私がよろよろしていたら、それは普段甘やかされている足が悲鳴を上げているのだと、そっとしておいてください。

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.