FC2ブログ

logs

トラックバックって何

 blogにはTrackBackという機能が付いている。まずは下記のサイトを参照していただきたい。

3分でわかるトラックバック」(初めてのウェブログ

 例えば私が誰かのblogを参照して新しい記事を書いた時に、私のblogを読んでいる人にもその参照元のblogへのリンクをする。私の読者は私がどんな記事を読んでこれを書いたのかが判る。更には、私の記事の参照元のblogにも、それを通知したい時に使うのがトラックバックだ。「あなたの記事に関連して私も記事を書きました。参照してください」と言うことを伝えるわけだ。

 勿論、私に参照元のblogへ「参照して欲しい」意思がなければ、トラックバックする必要は無い。自分のblog読者へ参照元が判るだけで良いなら、リンクだけすればいいのだ。

 では、具体的にトラックバック(相手に通知する)と言うのはどういったことが起こるかと言うと、参照元へトラックバックするとそこに私の記事へのリンクが表示されるのである。

 そうすることによって、参照元blogの読者にも「この記事に関連した記事」へのリンクが判る。これがトラックバックだ。

 つまり、自分の記事を参照して欲しい場合にトラックバックと言う機能を使って、相手(とその読者)にそれを通知するのである。

 具体的にこちらの記事を参照してもらうと更に判り易い。この記事の一番下に「トラックバック(1)」とある。「携帯とブログの相性」と言うタイトルで「やっぱり亀戸が好き!」からトラックバックされている。これは、「やっぱり亀戸が好き!」が、「私は今こんなことをやっていますよ」と言うのを私に報せようとしたトラックバックである。

 それを読んだ私は、ほうほう、大竹社長は携帯で読めるブログを探しているのかな。と言うのを知るのである。本来なら、私はその後の記事を「やっぱり亀戸が好き!」の記事にトラックバックすると、「ほらほら、こんな風にできますよ」と言うのを報せることができて、「やっぱり亀戸が好き!」の読者にも同時にそれを報せることができたのである。(寝ぼけていたのでそこまで考えずに、コメント欄で報せただけになってしまったが)

 こうしてトラックバックすることによって、一つのテーマ「携帯とブログ」に関して二つのblogがリンクによって繋がるわけである。「おサポ上手」と「やっぱり亀戸が好き!」の両方の読者に対して「携帯とブログ」の関連記事を読ませることができるわけだ。

この記事へのトラックバック

http://cyaimi.blog5.fc2.com/tb.php/83-566ffdb4

トラックとは・・・
  • 2005/04/26
  • From : ちちゃと日記

ちちゃと日記2005年4月26日(火) ちちゃと日記-NO.23 おサポ仲間の、cyaimiさんがトラックバックの説明の記事を書いてくれたので、さっそく試してみました ......


この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.